読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IRIE LIFE

大阪生まれReggae育ちの自由人が送るアホで自由なLife Style

誰でも簡単に「聞き上手」になれるたった3つの方法

スポンサーリンク

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/BL008-cyottomatteyo120140810_TP_V.jpg

 

 

先日、コミュニケーションが楽になる方法をお伝えしましたが、今日はその中でも「聞く事」を深く掘り下げて、誰でも簡単に聞き上手になれる方法をお伝えしたいと思います。

 

誰でも簡単に聞き上手になれる方法その1.相手の「気持ち」に注目する

 

気持ちに注目する。これだけを見ると少し難しそうに思いますよね。でも、会話とは、言葉のキャッチボールではなく、気持ちのキャッチボールです。これは人と会話をする上での基本中の基本なので覚えておいてください。

 

人は誰しも話しを聞いて欲しいものですが、ただ話しを聞いてほしいわけではないんですよ。その時に感じた自分の気持ちを聞いてほしいんです。

 

例えば、「今日仕事が忙しくて3時間も残業なったわー」って友達から言われるとします。この時友達は、ただ3時間残業した事だけではなく、3時間も残業になった時の気持ちを聞いてほしいんですね。

 

そうして相手の気持ちに注目して、「気持ちに共感する。」これだけで相手は嬉しくなり、その他の話しもどんどんとしてくれるようになります。

 

ちゃんと人の話し聞いてるつもりやのになかなか相手がノってこない。って人はまずは相手の気持ちに注目してみましょう。それだけで相手も嬉しくなり、気持ちよく会話が弾むはずですよ!

 

誰でも簡単に聞き上手になれる方法その2.相手の話しにしっかりと「反応」する

 

人は自分が話してる事に相手が「反応」してくれないと不安になります。あなたも自分が話してるとき、相手が無表情やったり、うなずいてもくれてなかったら不安になりませんか?「こいつホンマに俺の話し聞いてんか?」ってなるはずです。

 

相手の話しにきちんとしたリアクションをする事で相手も「あ、俺の話し聞いてくれてる!」ってなり、どんどんと話しをしてくれるようになります。

 

聞き上手の人は、うなずき方一つ見ても、相手の気持ちにの変化に合わせて、強く短くうなずいたり、ゆっくりうなずいたりして変化を付けています。そうする事で相手もより「自分の話しに興味を持ってくれてる」と感じます。

 

「聞く」とは耳だけで行うものではなく、体全体で行うものです。今まで相手と話しをしていてもなかなか会話が続かなかった、相手がノってこなかった。って人はこの「反応」の仕方に問題があった可能性があります。

 

しっかりと相手の気持ちに注目し、しっかりと反応することを意識しましょう。

 

 

誰でも簡単に聞き上手になれる方法その3.気持ちを乗せてオウム返しする

 

最近の色んなコミュニケーションの本等を読むとよくオウム返しという言葉を目にします。

 

「昨日難波でランチ行ったねん」と言われたら、「へー!難波行ったんや!」という風に、相手の行った事を繰り返し言うのがオウム返しという事です。

 

でもこのオウム返しも、ただただ相手の行った事を繰り返せば良い。というものではありません。実際にオウム返ししても会話が弾まなかった。って経験もあるんではないでしょうか。

 

ではどうすれば良いのか。それはオウム返しする言葉の語尾に「気持ちを乗せる」ことです。

 

何度も言ってるように、会話とは気持ちのキャチボールですから、「へー!難波行ったんや!」の言葉にも何らかの気持ちが乗ってなければアカンわけですよ。

 

例えば、「いいなー!」とか「うらやましい!」ってニュアンスのこもった「へー!難波行ったんや!」にならなくてはなりません。

 

こうする事で、相手はあなたの気持ちを感じて、気持ちが通じ合ってる事を確認し、話す意欲が増していく。というわけです。

 

もうこうなれば会話が途切れる。という事はありませんよね。

 

 

まとめ

 

何度も言うように、会話とは気持ちのキャッチボールです。

 

相手の気持ちにしっかり注目し、相手の話しにしっかり反応する。で、時には相手の言った事に気持ちを乗せてオウム返しをする。

 

ここを意識するだけで、あなたも明日から聞き上手になれる事ができます!

 

「聞く事」は人とコミュニケーションをとる上で一番大事なポイントなので、ここはしっかりと押さえておきましょう!

広告を非表示にする