IRIE LIFE

大阪生まれReggae育ちの自由人が送るアホで自由なLife Style

AppleのCMで歌ってる女性シンガーの正体とは?

スポンサーリンク

Yahman!!!  小園です。

 

 

アメリカでは11月後半からクリスマス、大晦日あたりまでを

ホリデーシーズンと呼び、毎年各社がこぞって気合いの入ったCMを投入します。

 

 

中でもAppleは毎年心に残る映像を残しているんですが、

 

 

去年、2015年はこんな感じのCMでした。

 

 

 

 

Stevie Wonderと一緒に歌う女性、あんまり見た事ありませんよね?

 

 

「え?リアーナじゃないの?」

と思ったそこのあなた、安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくも最初はリアーナだと思いました!!!笑

 

 

 

この女性シンガーの名前はAndra Day 

 

彼女はなんと、去年の夏にデビューした新人アーティストで、

年齢は30歳と少し遅咲きな方です。

 

 

彼女は、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴで生まれ育ったそうです。

子供の頃から教会で歌い、成長してからはサラ・ジェシカ・パーカーなども通った

名門、School Of Creative and Performing Artsでダンスと演劇、音楽を学んだそうです。

 

 

元々は、ポップスやR&Bを歌っていたが、

だんだんと自分のルーツであるジャズやソウルに傾倒していったそうです。

 

 

 

あのStevie Wonderも惚れたAndra Dayの魅力

 

 

彼女がデビュー前、地元サンディエゴの店のオープン・イベントでパフォーマンスしていたところ、偶然あのスティーヴィ・ワンダーの妻の目に留まり、彼女がアンドラの音楽を夫に勧めたところから始まったと聞きます。

 

 

彼女の歌声をたちまち気に入ったスティーヴィは急いで彼女に連絡を取り、彼女をジミ・ヘンドリックスやスティーヴィ・ニックス、ボディーガードのサウンドトラックでの仕事で知られるベテラン・シンガー・ソングライター/プロデューサーのエイドリアン・ガーヴィッツに紹介しました。

 

 

そこから彼女は彼と共に、アルバムに向けての曲作りをスタートさせ、満を持して、2015年8月28日にデビューアルバムを発表するのでした。

 

 

 

特筆すべきはその歌唱力

 

 

彼女を語る上で外せないのが、その歌唱力でしょう。

 

 

まずこちらをご覧下さい。

 

 

 

この曲は、イギリスのシンガーソングライター、Jessie Jの曲をカバーしたものですが、

歌いだしから彼女のパワフルな歌声に一瞬にして心奪われます。

 

今の時代にジャジーな雰囲気をまとい、ソウルフルに歌い上げるアーティストは珍しくなってきましたよね。

 

 

それはやはり彼女のルーツがジャズやソウルである事に関係しているのではないでしょうか。

 

個人的にどのジャンルでも、ゴスペルやジャズ、ソウル、レゲエにルーツを持っているアーティストは好きです。

 

 

もちろん原曲を歌っているJessie Jも「Price Tag」や、「Domino」等名曲を残しているのでそちらも要チェックです。

 

 

 

デビュー半年足らずでグラミー賞ノミネート!

 

 

彼女はなんと、今年の2月15日にアメリカ、ロサンゼルスで開催される第58回グラミー賞で、ベストR&Bパフォーマンス、ベストR&Bアルバムの2部門にノミネートされました。

 

 

デビューしてから半年足らずでのノミネートです。凄い!

 

 

そのノミネートされた曲がこちら!

 

 

 

この曲の歌詞で好きな部分が、

 


”私たちはきっと上手くやれる
 大きな山だって動かせる”

 

と歌った部分で、この曲は「私は何度でも立ち上がるわ!」と歌った前向きソングです。

 

 

その他にも、愛の本質を歌った「Only Love」や、ぼくみたいなダメ男に引っかかってしまい、ついオカンのように接してしまうことを嘆く「Gold」等、人生の様々な経験がそのまま楽曲に反映されているような気がします。

 

 

人生の酸いも甘いも経験し、その歌声はソウルフルでパワフルな彼女は2016年大活躍する事間違いなし!

 

 

ぜひ、そのジャジーな雰囲気に酔いしれてください。

広告を非表示にする